竹下犬猫病院 0773-22-4796

 

みんなの情報館

デンタルケア 

イヌやネコはヒトと違って虫歯にはなることはほとんどありませんが、歯肉の病気、歯周病になります。

唾液や食べ物のかす(歯垢)がつくと、その中で細菌が増え、その毒素が歯茎に炎症をおこしたり、細菌が血液に入ると内臓にも影響がでます。特に老齢の動物では、腎臓、心臓、肝臓などの病気の原因になります。また痛みで食欲がなくなったり、眼窩膿瘍という目の下に穴が開いてしまう病気になることもあります。

こうした状況を防ぐには、日々のデンタルケアが何よりも効果的です。毎日ケアをすることは大変なことだと思われるかもしれません。しかし、きちんとしたケアを覚えて少しずつでも上手に行ってあげると動物たちも次第に慣れ、スキンシップにもなり、楽しい時間になっていくと思います。

ただ、歯石が重度で歯周病になっている場合は、ケアでは治すことはできません。

一度スケーリングや歯肉の治療を行って、きれいにした後にケアをしていくことが大事です。

当院では最新の歯科治療ユニット機器を導入し、現在歯科治療にも力をいれています。

一緒に大事なわんちゃん、ねこちゃんの健康のために、最善の予防、治療を考えていきませんか?                

                     

                   ハミガキしないとやっつけちゃうぞー!       

     痛いよー   

<<導入しました>>

最新の歯科ユニットを導入したことで、スケーリング、抜歯、歯肉治療などが

以前より速やかに行えるようになりました。

ご家庭のわんちゃん、ねこちゃんのお口が気になる…という方は、お気軽にご相談ください。

 

 

 

スキンケア

皮膚病の治療・管理にはスキンケアがとても重要だと考えています。当院では家庭でもできるスキンケア等、詳しくレクチャーさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 

 

疼痛管理について

「痛み」とは、もとは体を守る生体反応だといわれています。以前はそのために、痛みは取り除く必要がないと考えられてきました。しかし、現在はこの痛みは動物に苦痛を与えるだけでなく、痛みが存在することで、たくさんの悪影響を与えているということがわかっています。

ご家族にとっても、かわいい大切な家族が痛い思いをすることは、とても辛いことではないかと考えています。

当院では手術を行う際には、痛みのない、動物にやさしい麻酔をめざしています。

そのためにも術前、術中、術後、退院後まで、状況に応じた安全な鎮痛剤を選択し、疼痛管理を徹底しています。

また痛みを伴う病気や治療の場合、または加齢によって痛みがある場合でも、痛みによって動物が苦痛を感じないように疼痛管理を行っています。

私たちはどんな時でも、動物たちが快適に過ごせるようにサポートしていきたいと

願っています。何か気がかりなことや、痛みに関することでご相談があれば、お気軽にお声をおかけください。

 

 

 

フィラリア予防について

 

フィラリア症とは蚊によって媒介される病気で、かかってしまうととても怖い病気です。
ただ毎月予防を行えば予防できる病気でもあります。動物達も人間と同じようにいつどんな病気にかかるかわかりません。だからこそ大切な家族の一員であるわんちゃん・ねこちゃんがいつも元気で長生きできるように、予防できる病気はきちんと予防してください。

◎フィラリア予防を行うまえに…

毎年フィラリア薬を投与する前に、前年予防をおこなっている場合でも、
万が一フィラリアにかかっていないか、血液検査で確認する必要があります。
これは フィラリア症にかかっていた場合に、重大な薬の副作用(アレルギー・大静脈症候群)が おこる恐れがあるからです。

当院ではフィラリア予防前検査をおすすめしています。
ご希望の方は同時に血液検査での 健康診断を実施しておりますので、ご相談ください。

また予防期間が短かったり、何年か予防をお休みされていた場合などは
詳しい検査まで させていただきますので、事前におしらせください。

◎予防薬の種類

わんちゃんの性格や生活スタイルによってお薬も選べるようになっています。
またねこちゃんも最近ではフィラリア症にかかるということがわかってきました。一番最適なお薬をお選びしますのでご相談ください。

 

おかしタイプ ビーフ味のおいしいチュアブルタイプのお薬。
今年から、フィラリア、ノミ、ダニ、おなかの寄生虫にも効果があるお薬を導入しました。ご希望のかたはご相談ください。
錠剤タイプ

おなかの虫下しの効果はありませんが、他のお薬より安価になります。

スポットオンタイプ

お薬が苦手なわんちゃんや、ねこちゃんに最適。
フィラリア予防とノミ予防を一緒に行う ことができます。また疥癬というダニにも効果があるといわれていますが、マダニには効きにくいといわれています。

 

 

PAGETOP