竹下犬猫病院 0773-22-4796

 

施設案内

 

 

 

受付・待合室

正面が受付となっております。

テレビモニターにはペットチャンネル配信システムにより

いろいろな情報をお知らせしております。

 

待ち時間を心地よくすごしていただけるよう、待合室を広くしました。

動物たちとご家族がゆったりと安心してすごせるように落ち着いた雰囲気の

色合いにしています。

 

受付横にフードもおいてあります。

食餌が気になる方は、お気軽にご相談ください。

 

待合室   キッズスペース

    

お子様が楽しくすごせるように、おもちゃや絵本もおいています☆(^▽^)☆

ゆっくり遊んでいってください♪

                    

 

お子様連れの方も待ち時間を快適に過ごせるように、キッズスペースをつくりました。また小さいお子様とわんちゃん、ねこちゃんを一緒に連れて病院にはいるのが大変な場合や、荷物が多く、車まで行くのが大変な場合などもお手伝いさせていただきます。

なにかお困りの場合はお気軽にお電話または受付にお声かけくだされば、スタッフが駐車場までお迎えや見送りさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

第1診察

 

一般診察をする場所です。飼い主にわかりやすいようにモニターをおいて、

レントゲンや超音波などの検査結果をみながら説明させて頂いています

 

第2診察(大型犬対応)

 

一般診察を行うだけでなく、心臓、眼の精密検査をできる診察室になっています。

診察台は下までさがるので、大型犬にも負担をかけることなく診察できるよう心がけています。

 

 

左から眼底カメラ       :眼底検査機器

  アイリスペット     :網膜のスクリーニング検査機器

  スリットランプ     :眼の断面を観察する検査機器

検査室

当院ではどうぶつ専用の血液を細かに分析できる自動血球計算装置と

血液凝固検査装置を導入し、重症例でもすぐに検査を行い対応できるようにしています。

そのほかにも、血液生化学検査装置や自動尿検査機器も設置しています。

 

 

 

 

 

ICU室

 

       

処置室からみえるように窓をつくり、いつでも目がとどくような集中治療室をつくりました。

中には酸素カプセル、高性能ICUシステムを導入し、重症患者の入院にも備えています。

 

処置室

当院は歯科治療を行う際、感染防止のため手術室ではなく処置室で行っています。

麻酔は外科手術と同等にモニターを完備し、麻酔係をつけて注意深く観察しています。治療は最新の歯科ユニットを導入し、行っています。

 

手術室

麻酔管理はモニター使用し、麻酔係を随時つけ、細やかな管理を行っています。また動物に優しい麻酔をめざし、疼痛管理にも力をいれており、持続点滴の必要な鎮痛剤等も使用できるように、微量点滴機器も設置しています。

麻酔管理で重要な体温も、保温マットを設置し、常時体温測定機器で術中の低体温症を起こさないよう、注意深く監視しています。

動物用内視鏡システムも導入し、さまざまな状況に対応できるようにしています。

 

動物ケア棟

健康な動物たちも安心して心地よい時間をすごせるような場所をつくりました。

お互いがリラックスできるように、小型・中型犬ルーム、大型犬ルーム、猫ルームにわかれています。またトリミングルームもこの中に設置しています。

みなさんに有効利用していただけるような施設であればと思っています。

緊張しやすいねこちゃんのお部屋には、ねこちゃんがリラックスできるフェロモンを

たくようにしています。

 

 

医療機器

 

光学顕微鏡
全自動血球計算機器・
血液凝固系検査機器
生化学分析計算機
アミチェック
近赤外線装置
半導体レーザー
中性電解水
小動物用ICUシステム
高圧酸素カプセル   
酸素濃縮器     
高濃度水素水生成器 

細隙灯顕微鏡
眼圧計
直像検眼鏡
耳鏡
心電図
超音波画像診断装置
X線診断装置
 

デジタルレントゲンシステム

動物用内視鏡システム

 

全身麻酔器
麻酔モニター
炭酸ガスレーザー装置      
血管シーリングシステム   
電気メス
動物用腫瘍焼灼治療装置
バッテリー式コードレスドリル
電動ドリル(歯科用)
歯科ユニット装置
血圧測定器
サクション
ネブライザー

PAGETOP